FC2ブログ

子供のためを思っての行為ではない 小学校教諭を停職処分=児童たたき、不登校に

ここでは、「子供のためを思っての行為ではない 小学校教諭を停職処分=児童たたき、不登校に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


"叱る"と"怒る"は違います。



"叱る"は相手のためを思い、そのために手が出ることもあるでしょう。



しかし、"怒る"ことは自分の怒りの感情の発露でしかありません。

それで手を出した場合は単なる暴力に過ぎません。



今回の兵庫県姫路市の教師が、小学3年生の女子児童に対して、

ほほを二回叩き、1時間半もの長時間怒鳴り続ける行為は、

完全に"怒る"であって子供のためを思っての行為ではありません。



停職3ヶ月の処分では生ぬるいほどの蛮行です。









小学4年の女子児童(9つ)に体罰を加え、

長時間怒鳴り続け、精神的ショックで登校できなくしたとして、

兵庫県教育委員会は5日、姫路市立小学校の男性教諭を

停職3カ月の懲戒処分にしたと発表しました。





小学校教諭を停職処分=児童たたき、不登校に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000145-jij-soci
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news24kazu.blog95.fc2.com/tb.php/121-117c088b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。