FC2ブログ

どちらにとっても残念 <五輪バドミントン>スエマエ中継打ち切りに憤りの声

ここでは、「どちらにとっても残念 <五輪バドミントン>スエマエ中継打ち切りに憤りの声」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銅メダル獲得こそできませんでしたが、

世界一位の中国ペアを破った快挙や、

日本バドミントン史上初の五輪4位入賞という結果は、

誰の目にも評価できることです。



オグシオペアの影であまり知られていなかったスエマエペアが、

あっという間に日本全国に知られるようになりました。



ただ、そのせいか女子バドミントンの3位決定戦は、

どこのテレビ局も放送する予定がなく、二人の五輪最後の試合は、

1セット目を落とした後の大事な第2セットの途中で中継が終了し、

陸上女子三千メートル障害予選の中継に変わってしまいました。



テレビ局きちんと考えていなかったために起こったことでしょう。

そのまま放送していたほうがいい視聴率を取れたでしょうに。



どちらにとっても残念なことになりました。









末綱聡子選手(27)と前田美順選手(22)のペアが

出場したバドミントン女子ダブルス3位決定戦を

15日夜に生中継したフジテレビは、第2セット8-15の場面で

陸上女子三千メートル障害予選に切り替えたとの事。





<五輪バドミントン>スエマエ中継打ち切りに憤りの声

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000049-mai-soci
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news24kazu.blog95.fc2.com/tb.php/151-7dd9344d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。