FC2ブログ

本気の涙とは思えない 痴漢でっち上げ公判主犯男、涙流し謝罪

ここでは、「本気の涙とは思えない 痴漢でっち上げ公判主犯男、涙流し謝罪」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「被害者に言葉に表せない屈辱を与えました。

本当にとんでもないことをしてしまいました」



これが、公判での蒔田文幸被告の反省の弁です。



一応、涙を流しながら謝罪してはいるようですが、

その前後の彼の生活態度やなどを考えると本気だとは思えませんね。



社会に与えた影響も考えると、厳罰が必要でしょうね。









大阪市営地下鉄の電車内で今年2月、

会社員の男性が痴漢にでっち上げられた事件で、

虚偽告訴などの罪に問われた元甲南大生、

蒔田文幸被告(24)の公判が3日、

大阪地裁(樋口裕晃裁判官)で開かれました。





痴漢でっち上げ公判主犯男、涙流し謝罪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000107-san-soci
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/05/28(土) 08:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://news24kazu.blog95.fc2.com/tb.php/163-0782ec30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。